ラズベリー pi 2 Windows テクニカル プレビュー 10 をインストールします。

Una piccola guida per i veri "makers"

友人と共有します。










送信

Windows 10 提供しています 強力なツール ため、 開発 クイックと 配布 デバイス。誰もが喜んで 作成します。, 発明, 驚か 自分と他人のおかげで新しい Windows API。 デバイス 10 個のウィンドウはそれを行います。センサーやアクチュエータなどを介して現実の世界と対話する Windows と同時の力を活用することができます開発者はすべて。

仕事にかかりましょう。

我々 が必要なもの

  • システムと Windows インサイダー 10 プレビュー -物理マシン、仮想マシンではなく
  • ラズベリー Pi 2
  • マイクロ電源供給 5 v USB マイクロ USB 1 a の電流が少なくとも
  • マイクロ SD カード 8 GB 以上 (できれば 10 クラス) から
  • HDMI ケーブル
  • Rj45 イーサネット ケーブル

Windows 10 IoT c. i. SD でプレビューを転送します。

マイクロソフトは Windows 統合、10、オペレーティング システムのイメージを転送することができますユーティリティを提供しています IoT 10 コア Windows インサイダー プレビュー SD カード。次の手順を実行することができます。 のみ 既に 10 から Windows を実行しているシステムに ビルド 10069 アップ。

メモ: 物理的な Windows マシン (およびない VM) SD カード リーダーにアクセスが必要なために必要があり、 多くの場合 仮想化ソフトウェアと共に使用できるはありません。

我々 の SD カードを構成する手順は次のとおりです。

  1. ダウンロード ラズベリー Pi Microsoft ダウンロード センターから 2 の ISO。
  2. ISO ファイルを保存します。 ローカルのハード ディスク上のフォルダーに
  3. ISO のコンテンツへのアクセスを持っている仮想 CD のリーダーのイメージを自動的にマウントする (IoT コア RPi.iso) をダブルクリックします。
  4. "Windows_10_IoT_Core_RPi2.msi"をインストールします。インストールは完了するが、flash.ffu ファイルは、"C:Program Files (86) Microsoft IoTFFURaspberryPi2"に配置されます。
  5. 仮想 cd にマウントされた iso イメージをイジェクトします。
  6. SD カードを挿入します。 SD カード リーダー。
  7. IoTCoreImageHelper.exe ユーティリティを使用してください。 SD カードを構成します。プログラムを見つけるには、単に、[スタート] メニュー"WindowsIoT"と"WindowsIoTImageHelper"のリンクを選択を検索します。
  8. 画面で見ることができるデバイスをスキャンします。構成する SD カードを選択し、イメージへのパスを求める ffu.準備ができたらは、フラッシュ ボタンをクリックします。Utility per flashare Windows 10 sul Raspberry
  9. 下のアイコンをクリックします。 ハードウェアを安全に取り外す (ハードウェアを安全に削除する) タスクトレイに、この時点で我々 は我々 準備ができてカードの Windows 10 IoT コア インサイダー プレビューを安全に追い出す SD カード リーダーを選択します。

メモ: IoTCoreImageHelper.exe SD カードの構成に推奨されるツールです。ユーティリティと同じを行うことができますか DISM (展開イメージのサービスと管理ツール) 指示に従うことによって、 マイクロソフトのサイト.

準備し、ラズベリーを接続

  1. マイクロ SD カードを挿入します。 特殊なコネクタをご用意 (ボードの反対側にはスロット)。
  2. ネットワーク ケーブルを接続します。 ボード上のイーサネット ポート。
  3. HDMI ケーブルを接続します。 特別なコネクタ、モニターに接続するために。
  4. 電源コードを接続します。 マイクロ USB ポートのラズベリー。Board Raspberry Pi2 pronta per Windows

Windows 10 IoT コア内部プレビューを開始します。

  1. IoT 10 コア Windows インサイダー プレビューは、電源コードを接続した後に自動的に開始されます。
  2. 最初の起動で Windows のコアはブルー スクリーン (を示す小さな IoT の初期構成を実行します。このフェーズで電力供給を中断しないでください!).数分後、ラズベリーが自動的に再起動されます。初回のみ、IP アドレスおよびラズベリー Pi 2 のデータを表示する、DefaultApp が表示されます後に発生します。Windows 10 su Raspberry Pi2 al primo avvio
  3. 次のドキュメント PowerShell 使用することができます私たちのデバイスへの接続に、後者を使用します。また従うことができます、 ここの教育 SSH 接続を使用し、ラズベリーに接続します。
  4. 強くお勧め (昔の話) 既定の管理者アカウントのパスワードを更新します。
  5. Visual Studio リモート デバッガーはラズベリー Pi2 にシステムの起動時に自動的に開始されます。

よくある質問とトラブルシューティング

> 画面が表示されるは、切断または破砕ので?

モニターによって発生します。この問題を解決するには、HDMI の代わりに DVI モードで動作するのに回避策を使用できます。PC に SD カードを挿入し、ファイルを編集に進みます 設定 EFIESP はパーティションの次のとおりです。

hdmi_group = 2 # 漬けこみ DVI タイミング

> DISM を使っても SD を準備する以来 (既に Windows に存在)、8.1 またはそれ以前の Windows システムを使用することができますか?

DISM のバージョンが異なっているは、/applydrive のコマンドがエラー メッセージを返すときに使用するのでです。Windows の 10 を持っている必要があります。

> Wifi とブルートゥースは、Windows 10 IoT コア プレビューでサポートされますか。

当分の間 サポートされていません しかし、それを統合する開発者はすでに取り組んで 次の更新.

それをなぜお勧め > から少なくとも 8 GB SD?すべてのこのスペースが必要ですか。

イメージ Windows 10 IoT コア 未満 1 GBデバイスの追加コンテンツをインストールするのには追加のスペースを提供するために役立つ、8 GB がお勧め。


友人と共有します。










送信
著者について

アンドレアPigliacelli

IT Security Specialist, PMO, Cisco Instructor - Amante del'Informatica e della Pesca Sportiva. Scrivo di IT per evangelizzare e fare informazione. Mi occupo principalmente di Networking e di Sicurezza informatica con attività di Red Team. Mi sforzo e cerco di contribuire per avere un Internet libero e sicuro.

Lascia un commento

Il tuo indirizzo email non sarà pubblicato. 必須フィールドをマークします。 *